鎌倉レポート 鎌倉雪ノ下・小町通り・古都鎌倉案内



スポンサードリンク

鎌倉宮の夏まつり

昨日、8月17日に、鎌倉市内に触れ太鼓が響き渡りました。

触れ太鼓とは、本来、相撲から来ているのだそうです。

相撲の始まる前日に、明日からの相撲の始まりを知らせる為に、町中を太鼓を叩いて廻ったのが、「触れ太鼓」です。

昨日の「触れ太鼓」は、明日19日から始まる、鎌倉宮の例祭を知らせる物です。

鎌倉市二階堂に鎮座する「鎌倉宮」は、明治2年に、明治天皇の勅命によって建てられました。

御祭神は、建武の中興に尽くした、大塔宮(おおとうのみや)護良親王(もりながしんのう)です。

同じく二階堂に鎮座する、「荏柄天神社」から5分程の所です。

この鎌倉宮と荏柄天神社、参道が交差しています。

これは、全国的にも、珍しいのだそうです。

鎌倉宮が、護良親王(もりながしんのう)終焉の地に建立された為、この様な形になった様です。

この鎌倉宮で、8月19日から21日にかけて、例祭が行われます。

特に、19日の例祭前夜祭では、境内に特設の櫓が組まれ、盆踊りが行われます。

境内には、夜店も出ており、まさしく夏祭りです。

この鎌倉宮、鎌倉駅から、「大塔宮」行きのバスに乗り、終点で降ります。

目の前が鎌倉宮です。

バスで10数分の道のりです。

鶴岡八幡宮から徒歩で15分程です。鎌倉宮はこちら
posted by 鎌倉に住んで二十数年のマッキーです。 at 09:55 | 神奈川 ☀ | Comment(0) | TrackBack(0) | 鎌倉レポート
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。