鎌倉愈々年の瀬:鎌倉レポート 鎌倉雪ノ下・小町通り・古都鎌倉案内



スポンサードリンク

鎌倉愈々年の瀬

鎌倉、朝から雨が降り続いています。

時折、冷たい風が吹きつけ、外にいると、思わず身震いしてしまいます。

昨日までの暖かさから、今日は一変してこの寒さです。

いよいよ冬到来といった感じでしょうか。

昨日の鎌倉は、土曜日と言うこともあり、鎌倉駅周辺から鶴岡八幡宮まで、結構、人が出ており、夕方まで人の出は続いていました。

鶴岡八幡宮では、昨日の13日は、「煤払い」と言うことで、職員総出で大掃除をしている姿が見受けられました。

朝方は、楼門の所で、巫女さんや職員の人達が、長い笹を箒代わりにして、楼門の高い所の埃を落としたり、随身像のハタキがけをしたりしており、その様子を、テレビ局や新聞社のカメラマンが取材しておりました。

昨日テレビを見ていたら、その様子が放送されていました。

日本各地で、この煤払いが行われています。

以前の話ですが、奈良の東大寺での大仏殿の煤払いの様子が報道された事があります。

大仏の手の上に乗って、掃除をしている映像が流れ、驚いたのを覚えています。

煤払いが来ると、年の瀬だなと感じます。

世間的には、クリスマスが終わってから暮れが訪れる感じですが、鎌倉にいると、煤払いが終わり15日を過ぎると、一気に年末が訪れる気がします。


バレンタインデー

クラシックコンサート マナー


トップページにもどる

にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 鎌倉情報へ
posted by 鎌倉に住んで二十数年のマッキーです。 at 18:54 | Comment(1) | 鎌倉レポート
この記事へのコメント
ステキなお話、ありがとう御座います。
Posted by マキマキマッキー at 2009年10月18日 10:56
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。