秋の鎌倉文学館:鎌倉レポート 鎌倉雪ノ下・小町通り・古都鎌倉案内



スポンサードリンク

秋の鎌倉文学館

鎌倉も秋の観光シーズンを迎え、連日、大勢の人々で賑わっています。

鎌倉は、紅葉が遅い為、10月の中頃から11月の中頃にかけて、いろいろな催し物が開催されています。

鶴岡八幡宮で行われている、庭園展示会や盆栽展などもそうですが、市内の各所で、各種の催し物が行われます。

長谷にある鎌倉文学館でも、この時期に「鎌倉文学館フェスティバル2012」と銘打って、興味深い催し物を開催しています。

鎌倉文学館は、加賀の前田家の別邸をそのまま使って、鎌倉に縁のある作家や文学作品の展示を行っています。

加賀百万石の前田家の別邸だけあって、建物は明治期のモダンな洋館で、庭も広く、庭には今の時期、バラが咲き乱れています。

建物と庭を見るだけでも充分満足しますが、今、源実朝にちなんだ展示を行っています。

今年は、源実朝の生誕820年と言う事もあり、歌人としての実朝に焦点をあてての特別展が行われています。

展示の他にも、10月27日には、庭園茶会が催され、200円でお茶を飲む事が出来ます。

他には、27日には、尺八と三弦のコンサートが、28日には、琴のコンサートが、それぞれ午後12時と午後2時に行われます。

更に、11月3日と4日の午後2時には、弦楽合奏コンサートも予定されています。

又、11月25日まで、スタンプラリー(※)が行われています。
(※鎌倉文学館スタンプラリーはこちら)

市内6ヶ所の内、2ヶ所以上でスタンプを集めると、記念品が貰えます。

この様に様々な企画で、秋の鎌倉文学館は、見所満点です。

鎌倉アラカルトはこちら

鎌倉雑感はこちら

トップページにもどる


posted by 鎌倉に住んで二十数年のマッキーです。 at 21:15 | 神奈川 ☔ | Comment(0) | TrackBack(0) | 鎌倉レポート
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。