丸山稲荷社火焚祭:鎌倉レポート 鎌倉雪ノ下・小町通り・古都鎌倉案内



スポンサードリンク

丸山稲荷社火焚祭

旧暦の11月8日は、古くから鞴(ふいご)祭りの行われていた日です。

鞴(ふいご)とは、送風機の一種で、火をおこす為の道具です。

金属の精錬や加工には、欠かす事の出来ない道具であり、鋳物師や鍛冶屋、刀鍛冶、石工等が使っていました。

古くは、これら鞴を使う人達が、この日(旧暦11月8日)に稲荷神社にお参りして、「鞴祭り」を行いました。

今でも、新暦の11月の8日には、全国各地で、鞴祭りや火焚祭、火入れ式等として、行われています。

鎌倉の鶴岡八幡宮でも、この日、境内にある末社、丸山稲荷社で、火焚祭が行われます。

この火焚祭では、五穀豊穣と人々の無病息災が祈られます。

そして、祭典の後には、鎌倉時代から伝わると言う、「鎌倉神楽」が奉納されます。

笛と太鼓の音にあわせて、神楽が舞われます。

特設の竈に大釜がかけられ、ぐつぐつと沸き立つ湯に笹の葉が浸され、そのお湯を訪れた人々に振りかけます。

このお湯の滴(しずく)がかかると、一年間無病息災でいられるとの事です。

熱湯をかけられるので、さぞや熱いのかと思われますが、笹の葉が空気に触れると冷やされる為、人にかかる時は、あまり熱くありません。

更に、この鎌倉神楽の中には、天狗と人との掛け合いもあり、見学の人々を笑わせます。

丸山稲荷社は、鶴岡八幡宮の本殿の西側の小高い丘の上にある為、境内は広くありません。

そこへ、この鎌倉神楽を一目見る為に、大勢の人々が詰めかける為、狭い境内は、立錐の余地も無くなります。

この丸山稲荷社火焚祭は、11月8日の午後2時から行われます。


鎌倉アラカルトはこちら

鎌倉雑感はこちら

トップページにもどる


posted by 鎌倉に住んで二十数年のマッキーです。 at 08:00 | 神奈川 ☀ | Comment(0) | TrackBack(0) | 鎌倉レポート
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。