11月中旬 鎌倉紅葉・黄葉便り:鎌倉レポート 鎌倉雪ノ下・小町通り・古都鎌倉案内



スポンサードリンク

11月中旬 鎌倉紅葉・黄葉便り

11月も中旬に入り、秋の気配も愈々濃厚となってきました。

秋と言っても、暦の上では、すでに冬です。

11月7日は立冬でした。

道理で、朝夕は冷え込むはずです。

比較的暖かい鎌倉でも、日中でも、暖房の欲しくなる日が出てきました。

東京では、表参道の銀杏(イチョウ)並木が色づいているとの、ニュースが流れていました。

新聞に出た写真を見ると、黄葉したイチョウ並木と、落ち葉の黄色の絨毯がきれいに映し出されています。

鎌倉はどうかと言えば、残念ながら、まだそこまでは行きません。

イチョウも、一部の葉が色が変わり始めた程度です。

モミジを初めとする、紅葉する木々の葉も、同じ状態です。

一部の葉が、色が変わり始めて、少し茶色くなり始めた程度です。

以前にも述べた通り、海から風が直接当たる所の木々は、塩害でやはり、ダメージが大きい様です。

潮風が、直接当たらない場所の木々が、今述べた様な感じです。

従って、紅葉・黄葉の見頃は、もう少し先となるのでは無いでしょうか。

鎌倉では、鶴岡八幡宮の境内で、菊花展と、庭園展示会が引き続き行われています。

庭園展示会は、11日の日曜日迄です。


鎌倉アラカルトはこちら

鎌倉雑感はこちら

トップページにもどる


posted by 鎌倉に住んで二十数年のマッキーです。 at 22:54 | 神奈川 ☁ | Comment(0) | TrackBack(0) | 鎌倉レポート
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。