鎌倉花火大会の日時とビューポイント:鎌倉レポート 鎌倉雪ノ下・小町通り・古都鎌倉案内



スポンサードリンク

鎌倉花火大会の日時とビューポイント

鎌倉の夏の風物詩、鎌倉花火大会が、まもなく開催されます。

今年の花火大会は、7月の23日です。

以前は、鶴岡八幡宮のぼんぼり祭りの終わった翌日、8月10日が定番でした。

この鎌倉の夏の行事が続くのを、みんな心待ちにしていました。

しかし、鎌倉の花火大会に、たくさんの人が訪れるのを恐れた、鎌倉の観光協会などは、事故防止を理由に、花火大会のの開催日を移動させてしまいました。

特に恐れたたのは、開催日と、土・日が重なる事です。

もしも、花火大会の開催日と土・日が重なれば、非常に多くの人々が鎌倉を訪れ、不測の事態が起こる可能性があるからなのです。

その為に、開催日は平日が選ばれ、転々としています。

そして、今年は、23日の火曜日となったのです。

時間は、例年午後の7時からでしたが、今年は、7時20分からとなっています。

これは、午後7時からだと、日没前で、日のある内に、打ち上げが始まってしまうからだと思われます。

昨年も、夕焼け空に、花火が打ちあがっていました。

それはそれで、なかなか見られない景色でよかったと思いますが、20分ずらせば、宵闇の中を、花火大会を始める事が出来る事でしょう。

この鎌倉の花火大会は、海上の船の上から、花火を打ち上げます。

したがって、ビューポイントは、由比ガ浜海岸か、材木座海岸となります。

私のお勧めのビューポイントは、材木座海岸です。

由比ガ浜海岸でも良いのですが、鎌倉駅から、一直線の為、非常に多くの人が訪れます。

その為、海岸は、立錐の余地も無いほどです。

それに比べて、材木座海岸は、更に、15分ほどかかる為、比較的空いています。

私などは、毎年、始まる少し前に到着しても、ビニールシートを敷いて座る余地が残っています。

鎌倉の花火大会に行くのなら、材木座海岸がお勧めです。


夕焼けと花火.JPG

夕焼けの中の水中花火.JPG

 昨年までのオープニング頃の花火の様子。
 今年は、暗くなっているはずなので、この光景はみられない。
posted by 鎌倉に住んで二十数年のマッキーです。 at 17:30 | 神奈川 ☀ | Comment(0) | TrackBack(0) | 鎌倉レポート
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。